岡山地産地消 たまいち

 地産地消「たまいち」とは

 

★毎日買い物に行く店舗で購入可能

★現在最大の問題点である価格を物流コストや経費を抑える事により安価で提供

★生産者の顔や想いが見える野菜 情報がたっぷりある

★季節感や地域性があり毎日わくわく感 地域の活性化 

★理念に共有 生産者や卸に提案ができる 

★食育を通じて 家族の会話

★地域の食文化の継承

 

 現在県南の地元農家のやさいや果物を日々20品目以上

 店舗内地産地消コーナーで販売。 365日中361日をすべて

 商品管理し、陳列している。 日々 売り場全てを商品陳列するため

 中央市場からの買い付け品も並ぶ。

 

 

 

 2006年 おかやま玉島市場有限責任事業組合創業

 2006年 山陽マルナカ新倉敷店 店内に地産地消コーナー設置

        ブランド名 (みにくいやさいの子)

 2014年 ブランド名 「たまいち」に変更

 2006年~2011年 備中玉島港桃祭り開催

 2007年~2016年

        販売店舗  サブリーナタウン笹沖・ハローズ乙島店

              山陽マルナカ 13店舗

              天満屋ハピータウン

 2016年  おかやま玉島市場有限責任事業組合創業解散

 2016年 「みにくい野菜の子」 合)丸八青果

       「たまいち」㈱浅原青果  引き継ぎ